モノレートの見方を解説!モノレートを活用して10万の利益を上げる

モノレートの見方を解説!モノレートを活用して10万の利益を上げる

Amazon転売をしたいのだけれど、「何を仕入れればいいか分からない」「仕入れた商品が売れるか分からない」「いくらで売ればいいか分からない」などの悩みがあるのではないでしょうか?
Amazon販売をする商品の売れ行きや価格推移などを確認するツールとして「モノレート」が有名です。このモノレートの見方さえわかれば、Amazon転売のレベルが一気にあがります。

[結論] モノレート活用の方法

  • 「ランキング」で売れる商品か判断し
  • 「最安値」で利益がでるか確認し
  • 「販売者数」でライバルの数を把握

この流れで商品をリサーチすれば、利益が出て売れる商品を仕入れることができます。それでは順番に見ていきましょう。

モノレートとは何か?

モノレートとは、Amazonの商品ランキングと価格推移を、分かりやすく表示するサイトです。
キーワードをもとに商品を検索し、

  • 販売価格(最安値)の推移
  • 出品者数の推移
  • ランキングの推移

を見ることができます。
これらが分かると「いくらで売れそうか」「ライバルは何人いるか」「そもそも商品が売れそうか」を判断することができます。

モノレートの見方 -ランキング-

モノレートを見るといくつかのグラフが出てきます。
まず注目すべきは「ランキング」のグラフ。
仕入れを行う前に、対象の商品がAmazonで売れているかどうかを知ることができます。

このランキンググラフの見方ですが、縦軸にランキングで、下に行くほどランキングが上位(1位に近くなる)、上に行くほどランキングが下位(ランキングの順位が悪くなる)になっています。

このランキングは山が連続していてギザギザしていますが、Amazonでは商品が売れればランキングが上がり、売れないとランキングが下がります。つまり、山が1つできたときに商品が売れていることを示しています。小さな山が連続している商品はよく売れている商品になります。

このような商品は「すぐに売れる商品」だということが分かります。

モノレートの見方 -最安値-

次に見るべきは「最安値」のグラフです。
最安値のグラフでは、Amazonで販売されている最安値の推移を確認することができます。
Amazonでは出品者が複数人いた場合、(各種条件はありますが)基本的には最安値で出品している人が1番に表示される仕組みになっています。そのため、購入者は一番安い商品を購入することになります。
商品の仕入れをする際は、「最安値で売ったときに利益が出るか?」という観点で仕入れを行ってください。また、過去数ヶ月で値段が安定していれば現在の最安値を基準に仕入れを行っても良いですが、右肩下がりの場合は商品を出品するまでの間に更に値下がる可能性があるので注意してください。

モノレートの見方 -出品者数-

「出品者数」のグラフを見ることによって、この商品を販売しているライバルがどの程度いるかを確認することができます。月に100個売れる商品を見つけても、出品者が100人いたら、1ヶ月に1商品しか売れないことになります。
ライバルがどれくらいいるか知ることが、仕入れのときに重要な情報になります。

このグラフを見ると2ヶ月前くらいまでは、10人程度の出品者しかいなかったのですが、最近は80人程度の出品者がいます。ライバルが多そうですね。
本当にライバルが多いのかをAmazon.co.jpのサイトで見てみましょう。

赤い四角の部分をクリックすると、同じ商品を出品している人の販売価格が分かります。最安値に近い人がいたら、それらがライバルです。出品者数が80人と多い場合でも、実際に最安値に近い価格で売っている人の数がライバルだと思ってください。

モノレートの見方 -注意点-

・メーカーによる出品制限注意

モノレートで調査した商品に「メーカーによる出品制限注意」と表示されていたら、Amazon販売を行おうと思っているセラーアカウントでは「出品申請」が必要だったりして販売できない商品の可能性があります。セラーセントラルで、出品が可能か確認してから仕入れるようにしてください。


いかがだったでしょうか?
Amazon転売を行う際のリサーチに「モノレート」は外せません。うまく活用して利益をあげていきましょう。